ホーム>スタッフブログ>プロの定義(自論ですのであしからず)
スタッフブログ

プロの定義(自論ですのであしからず)

コンクールに出場する子供とか、お客様で上手な方がいらっしゃると、素直に「すごいなあ」と思います。

「将来ピアニストになりたい!」とかキラキラした瞳が眩しい@

音楽の世界もどんどんレベルが上がり、小学生で大曲を弾いていたり、コンクールに毎年出場したり。

まあ・・本人が好きで(人前で演奏すること&批評されること)覚悟の上でやっているのなら、良いと思います。

大学のピアノサークル(音大生以外)などにも、恐ろしく達者に弾く学生さんが沢山いて「なんだこりゃ~」(◎_◎;)

と思ったりもしています。

しかしながら、いつの世も「音楽で食べていく」ということは、かなりのリスクのある「冒険」であります。

よほどの天才以外は、自分は「演奏家」ではなく「音楽全般よろず引き受けます業です」くらいのスタンスでいないと、生き残ってはいけないのかなと思います。

自分の経験ですが・・高校生のころ

「この曲のキーを移動して歌いやすいように楽譜を書いてくれませんか?あ・・ピアノ伴奏も付けて」

「ライブ演奏のデモテープがあるんだけどー。ギターパートだけ、写譜してくれる?」

「一週間後にうちの教室の発表会があって、、でも1人ケガしちゃって。その子の代わりで、、この曲ひける?」

「明日のクリスマスイブのパーティーのBGMでクリスマスソング弾くバイトあるんだけど。やらない?」

・・・

なーんて、飛び込みの無茶な依頼がよく来たりしたものです。

結論からいえば、依頼は全部受けました。よく徹夜で練習(仕事)をしました。

 

簡単にいえば、「期限内に、依頼に応え納得してもらえるクオリティーに仕上げ、報酬を得る」こと。

10代のころからそんな自分をプロだと思って来ました。

だから、、自分の弾きたい曲を弾いて、拍手もらって・・というのは、お遊びだと思っていました。

 

今思えば、超生意気でしたね。演奏家になれると思ったこともないし、実際なれなかった。

でも「音楽で」生きてきた。それが私にとっての「プロ」の定義です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.j-nagao.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/47

ページ上部へ